« May 2006 | Main | July 2006 »

June 23, 2006

トラックの荷台

Ga_1
世の中には1+1=1.42ちゅう頭の人がおって,そんな人と一緒に仕事をやると,とても混迷し,まるで自然のスイカをもったトラックの荷台はステキです.ちゅう感じ.

有る意味とてもナイス?

|

June 20, 2006

平尾台

Ho
実兄の写真展をやりよるちゅうんで中華弁当を買って山ちゃんと平尾台へ.
余りに雲が近くて眼がぐるぐる回った.

|

June 19, 2006

禿げ

Mo
畑仕事から帰って来たら土間にあやし気な本が.
ど-もハゲ頭の本らしい.
「もう一本!毛髪川柳」 日本文芸社
確かに年々オレの頭もハゲ上がって来ているが,と思いつつパラパラめくってみる.
面白すぎる.けど笑い事では無い.
ちゅうか誰がこの本置いて行ったんやろか.

|

June 17, 2006

ナカムヲ

Jy
太宰府の博物館に琉球展を観に行く.よくある企画展示でフムフムちゅう感じ.
観終わって1階にアジアの工芸品を集めたコ-ナ-があってバリ島の鉄琴を叩いてみる.
余りの音の共鳴にびびる.そこら一帯鉄琴の音に包まれた感じ.
やっぱ生の音はええです.

|

June 08, 2006

桃色

Mom
桃色まんじゅうにやられてヘロヘロ.
頭がボ-っとして何も手が付かん.

ヤバイです.

|

June 07, 2006

シ-ナロケット

No鮎川さんの本をもう1册.
だいぶ前に出た本なんやけど
「MONO」 双葉社
鮎川さんが音楽にイカレだした頃からサンハウス〜シ-ナロケット結成まで.
サンハウスのレコ-デイングの時のやら結成当初のシ-ナロケットやらいかした写真がいっぱい載ってます.

|

June 06, 2006

シ-ナロケット

Mako街の本屋さんに行ったら鮎川さんの本がでとったので購入.
「'60sロック自伝」 音楽出版社
鮎川さんが聴いてきた60年代のロックの魅力満載の1册.
60年代といえば僕はまだ鼻を垂らした小学生で洋楽と言えばミッシェルポルナレフしか知らんで
何を隠そう始めて買ったレコ-ドがベンジ-のテ-マで有ります.
レスポ-ルブラックビュ-テイをかき鳴らす鮎川さんはいくつになってもカッコええです.

|

June 05, 2006

No
「記憶力を強くする」 池谷裕二 講談社

脳科学者 池谷裕二氏の脳みその本.前出の2册をまとめたような内容.
何事も突き詰めて脳みそをフル回転にして考えれば本質が見えて来る.
ちゅうても物事の本質とは一体なんなのか今持ってわからない私で有ります.

|

« May 2006 | Main | July 2006 »